ソフトB“天敵”オリ由伸に完敗3連敗 9回2死まで無得点 工藤監督「打つのはなかなか難しい」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3-5オリックス ( 2019年7月27日    ヤフオクD )

オリックスに連敗しガックリの工藤監督(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは完封を阻止するのが精いっぱいだった。オリックス・山本の前に8回までわずか2安打。9回2死二、三塁からデスパイネの22号3ランで降板に追い込む意地は見せたが、工藤監督は「いい投手なので打つのはなかなか難しい」と悔やんだ。

 今季4試合目の対戦で初めて得点した前回5日は4得点を奪って黒星をつけた。しかし、この日は5回2死まで完全投球を許し、山本から今季チーム初本塁打を放ったデスパイネは「(山本は)制球が良かったし、素晴らしい投球だった」と称えるしかなかった。

 先発の二保も2被弾で、投手陣はここ3試合で計9発を浴びて3連敗。前半戦終了時に7ゲーム差あった2位・日本ハムに0・5差まで縮められた。苦境に立たされた工藤監督は「明日は1イニング目から攻撃したい。まだまだこれからですよ」と自らに言い聞かせるように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース