巨人・炭谷 13年ぶり満塁弾含む2発に「忘れてました。気を付けて帰ります」

[ 2019年7月28日 17:55 ]

セ・リーグ   巨人16―4阪神 ( 2019年7月28日    東京ドーム )

<巨・神>6回2死満塁、炭谷は左越えに満塁本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人・炭谷銀仁朗捕手(32)が28日の阪神戦(東京D)に「8番・捕手」で先発出場。満塁弾を含む2本塁打でチームの大勝に貢献した。

 3回無死一塁から左中間に4号2ランを叩き込むと、7回2死満塁からは左翼スタンドに5号満塁アーチ。

 住谷の1試合2発は2017年10月3日の楽天戦以来だが、満塁弾はプロ1年目の06年3月29日にソフトバンク戦で記録以来で、6打点もその日以来13年ぶり2度目。

 試合後のヒーローインタビューでは「忘れてました。出来すぎだと思うんで気を付けて帰ります」と話していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース