楽天8連敗 守護神・松井が2戦連続敗戦投手「僕の実力不足」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0―1日本ハム ( 2019年7月6日    楽天生命パーク )

9回2死一、三塁、清水に左前適時打を打たれた松井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は守護神・松井が今季4敗目を喫し、チームの連敗は今季ワーストを更新する8に伸びた。0―0の9回から登板し、1死一、三塁を招くと、清水に左前へ決勝打を浴びた。6月28日のロッテ戦に続き、救援としては3年ぶりとなる登板2戦連続敗戦投手に。「僕の実力不足」とうなだれた。

 この日は試合後、恒例の「楽天イーグルス花火大会」が開催されたが、打線は花火を一発も打ち上げられず3位転落。平石監督は「上に行くための試練。しっかり立ち向かいたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース