中日・柳 トップタイ9勝目&打ってもマルチ「最近、いろいろあると思うんですけど…」笑いも取った

[ 2019年7月7日 17:28 ]

セ・リーグ   中日7―1ヤクルト ( 2019年7月7日    ナゴヤD )

<中・ヤ>ハーラートップに並ぶ9勝目を挙げた柳は、プロ初出場を決めた石橋(左)と笑顔で喜ぶ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の柳裕也投手(25)がヤクルト戦(ナゴヤD)で8回1失点と好投。自身6連勝でハーラートップタイの今季9勝目(2敗)をマークし、チームの連敗を4で止めた。

 8三振を奪い、8安打を浴びながらも大量援護にも守られて122球の力投。試合後、初回に逆転二塁打を放ったビシエドと3ランを放った堂上とともにお立ち台に上がった柳は9勝目について聞かれると「ありがとうございます」と笑みを浮かべた。

 この日の投球について「きょうはブルペンから調子が非常に良くなかったんですけど、そのままマウンドに行ってしまって…」と切り出した柳。初回、いきなり山田哲に先頭打者アーチを浴びる結果となったが、それで「目が覚めたかなと思います」と振り返り、その裏に一挙6点を取って逆転してくれた打線に「これはしっかり投げないといけないなと思ってその後は投げました」とその後は無失点に抑えての9勝目だった。

 打っても今季初打点となる初回の二塁打を含む2安打と投打に活躍し「打撃の方でも期待してもらいたいなと思います」と高らかにぶち上げ、ファンの笑いを誘った頼もしき右腕。お立ち台の最後にファンへのメッセージを、と言われると「最近、いろいろあると思うんですけど…」と“お前騒動”を念頭に置いたと思われる発言で再びファンから笑いを誘うと「まあ、きょうの勝ちをきっかけにまたチームとファンの皆さん一つになって…頑張りましょう!!!」とひと際大きな声を張り上げ「ありがとうございました!」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース