雄星、6敗目も手応え「前半戦で一番いいんじゃないかなというくらい」

[ 2019年7月7日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ2―5アスレチックス ( 2019年7月5日    シアトル )

アスレチックス戦に先発し、7回3失点で6敗目を喫した菊池
Photo By 共同

 マリナーズ・菊池が7回を4安打3失点とクオリティースタート(6回以上自責点3以下)を果たしたが、6敗目(4勝)を喫した。「ボール自体、前半戦で一番いいんじゃないかなというくらい手応えがあった」。

 6回まではソロ本塁打含むわずか2安打。最速は95マイル(約153キロ)を計測し、チェンジアップは米移籍後最多の15球を投げ2三振を奪った。7回に連打と失策、犠飛で2点を失い逆転されたが「いい手応えを感じながら後半戦に行ける」と話した。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース