マー君、前半戦白星締めならず「何一ついいボールがない」

[ 2019年7月7日 02:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース4―8レイズ ( 2019年7月5日    セントピーターズバーグ )

レイズ戦に先発し、6回1/3を4失点だったヤンキース・田中
Photo By 共同

 ヤンキース・田中は前半戦最終登板を白星で飾れなかった。粘投し3―2と1点リードの7回1死一、三塁で降板。敵地ながらスタンディングオベーションを浴び、勝利投手の権利を手に後続に託したが、救援したコルテスが一時逆転を許して6勝目は消えた。

 結果的に失点も増え、6回1/3を6安打4失点。「何一ついいボールがなく、我慢の投球ではありました」。スプリットに本来の落差がなく、スライダーと高めの直球を軸にしのいだ。「よくこの状態で7回まで投げられたとは思うが、納得は全然できない」。6失点でKOされた前回6月29日のロンドンでのレッドソックス戦から立て直したが、表情は最後まで険しいままだった。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース