ヤクルト石川、投打で主役 7回1失点&決勝スクイズ「与えられた仕事ができた」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―1中日 ( 2019年7月6日    ナゴヤD )

5回1死一、三塁、石川は勝ち越しとなるスクイズを決める(捕手・木下拓)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・石川が7回1失点で6月5日の日本ハム戦以来、約1カ月ぶりとなる3勝目を飾った。

 初回にビシエドの左前適時打で先制を許したが、2回以降は配球を見直して立ち直った。「中村がいろいろ考えてくれた」と女房役を称えた。5回1死一、三塁からは決勝スクイズも決め、「しっかりと与えられた仕事ができた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース