ロッテ・井上 豪快14号3ラン 七夕らしく「7」ずくめ、同じ「せいや」土肥に勝利贈る

[ 2019年7月7日 19:27 ]

パ・リーグ   ロッテ8―2西武 ( 2019年7月7日    ZOZOマリン )

<ロ・西>7回裏2死二、三塁から井上は左越え3ランを放ちベンチに迎えられる(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井上が豪快な左越え14号3ランでとどめを刺した。「チャンスで回ってきたので気持ちも入っていた」。2死二、三塁で森脇の132キロのフォークを左翼席中段まで運んだ。

 7月7日に7番打者として出場。打ったのは7回と「7」ずくめだったが、「土肥が誕生日だったので同じせいやとして勝たせてやりたかった」と先発左腕の勝利を喜んだ。

 井上は「晴哉」で土肥は「星也」だが、「誰かが『せいや!』と呼ぶから振り向くと土肥の方だったというのはよくある」と笑わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース