神奈川大会開幕 渡辺元智氏が始球式 ストライク投球に歓声

[ 2019年7月7日 14:06 ]

第101回全国高校野球選手権神奈川大会 ( 2019年7月7日    横浜スタジアム )

<神奈川大会開幕戦 津久井浜・金沢>始球式を行う渡辺元智氏(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 神奈川大会が開幕し、開幕戦の金沢―津久井浜戦を前に、渡辺元智・横浜高野球部前監督(74)が始球式を行った。

 横浜高のユニホーム姿でマウンドに立った渡辺氏は大きく振りかぶり、見事にストライク投球。場内からも大きな拍手が湧き、「不思議な力があるんじゃないかと錯覚するような良いボールだった」と笑顔だった。

 始球式の前には、涌井(現ロッテ)とバッテリーを組んで甲子園に出場した教え子で村田浩明・現白山監督の構えるミットに投げ込み投球練習。開幕戦に登場した金沢の吉田斉監督も教え子で、ベンチ前から恩師の投球を見守った。

 「ユニホームを着て教え子ともキャッチボールができたし、最高の思い出」と感慨深げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース