ロッテ移籍の石崎が入団会見「石ちゃんと呼んで」 背番号58

[ 2019年7月7日 12:51 ]

ロッテにトレード移籍した石崎
Photo By スポニチ

 阪神からロッテにトレード移籍した石崎剛投手(28)が7日、ZOZOマリンスタジアムで入団会見を行った。

 背番号は58で、愛称については「石ちゃんと呼んで」とファンに親しまれるキャラクターをアピール。阪神時代は岩崎、山崎らが在籍していたため「ザキが多くてイシと呼ばれることが多かった」という。石崎は「そこに可愛いから『ちゃん』を付けて」と報道陣を笑わせた。

 サイド気味のフォームから最速155キロを誇る右腕。トレードを伝えられたのは4日の朝で「話を聞いたときは驚いたが、チームのために力になりたい」と抱負を明かした。

 高野との中継ぎタイプ同士のトレードとなったが、同席した松本尚樹球団本部長は「阪神さんとシーズン前から話をさせてもらってきて編成上マッチした。実績は十分。一番しんどいところで活躍して欲しい」と後半戦の巻き返しのキーマンに期待した。

 石崎は茨城出身で、三和高から新日鉄住金鹿島を経て14年ドラフト2位で阪神に入団。5年目の今季は2試合に登板して1勝1敗、防御率6・75。通算で58試合に登板して1勝1敗9ホールド、防御率3・00。17年のアジアプロ野球チャンピオンシップ、18年の強化試合・オーストラリア戦で侍ジャパンに選出された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース