阪神・近本8度目猛打賞で貢献 初回出塁なら負け知らず

[ 2019年7月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―5広島 ( 2019年7月6日    甲子園 )

初回無死、近本は右前打を放つ(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 この男が塁に出れば猛虎打線はやはり勢いづく。阪神・近本が6月5日ロッテ戦以来、8度目猛打賞の活躍でチームの勝利に貢献。3安打全てを先頭打者として放ち「自分の仕事ができたので良かったです」と胸を張った。

 初回、相手先発のアドゥワから2球目のスライダーを右前打して出塁し糸井の二塁打で先制のホームを踏んだ。7ー5で迎えた6回は一岡に対してファウルで粘り9球目の直球を中前打。1死後、糸井の打席で今季19個目の盗塁を決め、ここでも糸井の適時打を呼び込んだ。一時期の不振を脱し「結果が出ているから気持ち的にも楽ですし、チームとしても流れに乗れる」とうなずいた。

 「1番・近本」が初回に出塁し得点を記録した試合は7勝1分けと負け知らず。矢野監督も「相手に対するプレッシャーというところで近本が出ると出ないで大きくウエートを占めるんでね。今日みたいにたくさん出てもらいたい」とさらなる躍動を求めた。チームが上位争いに踏みとどまるためにも「1番・近本」の出塁は今後も欠かせない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース