ロッテOB初芝氏が始球式「久しぶりのマリン緊張した」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0―5西武 ( 2019年7月6日    ZOZOマリン )

始球式を行う初芝氏 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは「ピンストライプ・プライドデー」として開催された試合前には、ピンストライプユニホーム初年度だった95年の打点王・初芝清氏(52=現セガサミー監督)が始球式を行い、内角低めへノーバウンド投球。

 「久しぶりのマリンの大観衆の前でとても緊張したけど、田村がうまく捕ってくれた」と笑顔で振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース