阪神 両打ち強打者ソラーテ獲得を発表「日本シリーズ出場を」20日前後に来日予定

[ 2019年7月7日 12:15 ]

阪神が獲得を発表したソラーテと夫人
Photo By スポニチ

 阪神は7日、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32=マーリンズ傘下3A)と選手契約を締結したと発表した。

 契約は今季終了までで、推定5000万円。諸手続を終えた後、7月20日前後に来日する予定で、来日即デビューへ期待は膨らむ。

 ソラーテはベネズエラ出身で、メジャー通算75本塁打を誇る両打ちの強打者だ。逆方向にも長打を量産でき、内外野両方を守れる万能タイプの選手だ。得点力不足に悩む阪神は現状を打開すべく、獲得に乗り出していた。

 ソラーテは「阪神タイガースと契約することができ、非常に興奮しています。1日でも早く日本に行き、自分が持っているものを全て出してチームに貢献し、チームが日本シリーズに出場できるようにベストを尽くしたいと思います。阪神タイガースのユニフォームを着てプレーができることを楽しみにしています」と球団を通じてコメントを寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年7月7日のニュース