DeNA・細川 今季2試合目の出場で逆転勝ちにつながる同点適時打

[ 2019年7月7日 20:05 ]

セ・リーグ   DeNA6―4巨人 ( 2019年7月7日    横浜 )

<巨・D>6回2死一、二塁、左前に同点の適時打を放つ細川(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今季2試合目の出場となったDeNAの細川成也外野手が、逆転勝ちにつながる同点適時打を放った。

 2―3の6回2死一、二塁から、三遊間を抜ける適時打に「いい形で振れたので、打球が抜けてくれるところにいった」と安どした。5回には野上のカーブを中前に運び、今季初安打をマークし「1本出てホッとした」と貴重な一打につなげた。6日に今季初めて1軍昇格。即スタメン起用されたが3打数無安打と快音は響かなかった。それでも「昨日より落ち着いて入れた」とこの日は持ち味の打撃力で存在感を放った。

 この日は七夕。願い事は「プロ野球の世界で成功して、いずれは筒香さんのような日本を代表する4番打者になりたい」と掲げた。期待の3年目は「やはり4番には憧れがある。それを目指して頑張りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース