西武・本田4勝目 自己最長7回1/3零封「要所で打線を切れた」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―0ロッテ ( 2019年7月6日    ZOZOマリン )

8回途中までを無失点に抑えた西武先発の本田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 4年目の西武・本田が自己最長タイの7回1/3を無失点で、今季4勝目を挙げた。「一人一人打ち取ることを意識した」と、低めに集める丁寧な投球で相手打線に連打を許さなかった。

 初完封も見えてきた8回1死から藤岡、荻野に連打を浴びて降板したが「要所で打線を切れたのが良かった」と、ホッとした表情。辻監督も「0点ですから見事でした」と右腕を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース