阪神・糸井、3安打3打点で連夜のお立ち台「ベリーグッド」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―5広島 ( 2019年7月6日    甲子園 )

初回無死一、二塁、糸井は右中間に先制の2点適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 3安打した「1・2番コンビ」に引っ張られるようにベテラン糸井のバットも打ち出の小づちと化した。

 「先制点を何とか取りたい気持ちだった。取れて良かった」

 前日5日に決勝打を放った勢いが衰えることはなかった。初回、近本と糸原の連打で迎えた一、三塁の好機。フルカウントからアドゥワのチェンジアップを捉えた一撃は右中間フェンスにワンバウンドで到達する先制の2点二塁打。試合前まで6打数1安打と苦戦していた右腕をいとも簡単に攻略してみせた。

 4回に左前打し2点差に迫られた直後の6回に超人のバットが三たび、火を噴いた。1死一塁で打席に入り2球目に近本が二盗に成功するとフルカウントから一岡の4球続いたフォークを右前に貴重なタイムリー。ルーキーが糸原のバント失敗を補う走塁で築いた好機をベテランらしく、確実にモノにし7度目の猛打賞を記録した。

 近畿地方も梅雨入りし蒸し暑い日が多くなったが、試合前練習では人一倍の汗をかく。「暑いし、ビショビショだよ」。プロとして当然のことだが、汗が染みこんだユニホームに野球ができる喜びと雪辱を期す覚悟を感じる。「1年通して試合に出られなかったから今年こそはね」。1年前の同時期は右腓骨(ひこつ)骨折で戦線離脱。悔しさが糸井を奮い立たせている。

 この日は母校の宮津高が京都大会1回戦をコールド勝ちで突破。後輩の頑張りに負けじと結果で先輩の威厳を示した形だ。

 3打点で2日続けてのお立ち台では、チームの雰囲気を聞かれ「勝ったのでベリーグッド」と連日同じフレーズで大観衆を沸かせ、2本の適時打について問われると「雨降ってきましたね」と予想外の答えとなる糸井節も披露した。「この流れで明日も勝ちたいと思います」。首位巨人を大逆転するためにも、今日も勝って8日からの宿敵との3連戦に弾みを付けたい。
(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース