阪神・矢野監督 バント失敗の大山に「よく取り返した」

[ 2019年7月7日 21:41 ]

<神・広>7回無死一塁、大山の打球を見つめる矢野監督(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 【阪神・矢野監督と一問一答】

 ▼投手戦を制した きょうはどうしても勝ちたかった。遥人(高橋)にもね。あの投球なんで、勝ちがつきましたし。3連勝して、あしたからジャイアンツを迎えられる。結果的に最高の形になりました」

 ▼高橋遥は自己最長の8回を0封 ずっと勝てるような投球をしてくれてたし、気持ち的には最後まで行かせたい思いはあったんですけど…。球数も増えてしまったんでね。これだけ一定の間隔で投げるのも初めてだし、内容も素晴らしい投球で。よかったです」

 ▼これまでは打線の援護がなかった 西とかね。先発がいい投球をしても勝ちがつかないのが多かったので。遥人が粘ってね。(広島の)床田も良かったんですけど、ほんとにナイス投球でした」

 ▼大山にバント指示 悠輔にはね、大事なところでは、クライマックスシリーズや日本シリーズでも、そういう場面はもちろんあるし。俺はバント出すよ、ということはもちろん伝えてるんでね。僕にとってはビックリすることではないんですけど、初めてのことなんでね、みなさんはびっくりしたかもしれませんが、その後ね、よく取り返してくれました。

 ▼明日以降のきっかけに そうですね。バント出された悔しさとか失敗した後なんとかしてやろうっていう気持ちがああいうことにつながったと思うのでね。明日からどんどん打ってくれることを期待したいです。

 ▼さあ巨人戦。意気込みを うちらしい戦いをするだけですし、なんとかね、この3つ全部勝つつもりで明日から頑張っていきます。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース