オリックス・マレーロ 今季初4番での勝ち越し打に「このまま続けていきたい」

[ 2019年7月7日 16:47 ]

パ・リーグ   オリックス5-2ソフトバンク ( 2019年7月7日    京セラD )

8回2死満塁、走者一掃勝ち越し二塁打を放つマレーロ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスのマレーロが8回、2点差を追いつき、なおも2死満塁のビッグチャンスで走者一掃の3点適時二塁打を打ち、鮮やかな逆転勝利を収めた。

 今季初めて4番での起用となったマレーロ。その期待に応える勝ち越し打となったが、「何番でも、自分を使ってくれたらそこで頑張りたいと思います」と語った。

 前日も3打数2安打1打点の活躍。連日の好調ぶりに「体調的にもいいですし、バッティングの状態もいいので、このまま続けていきたいと思います」と笑顔を見せていた。

 ▼オリックス・福田(8回に同点の2点適時打) 昨日、チャンスに打てなかったので…いい場面で回ってきたので、ランナー2人帰すつもりで打席に立ちました。(2点適時打に対し、リクエストされたことについては)僕はちょっと捕られてたんじゃないかと思っていたので(ヒットになって)よかったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース