日本ハム 中田の勝ち越し犠飛&7人の投手リレーで3連勝!楽天は泥沼9連敗で4位に後退

[ 2019年7月7日 16:35 ]

パ・リーグ   日本ハム6―3楽天 ( 2019年7月7日    楽天生命パーク )

<楽・日15>5回1死三塁、中田の勝ち越し右犠飛で生還した杉谷(右)はチームメートに出迎えられる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムが6―3で楽天を下して3連勝。7人の投手でリードを守る小刻みな継投で相手打線を抑え、白星を飾った。楽天は2年ぶりに9連敗を喫し、5月18日以来の4位に後退した。

 2―3と1点ビハインドの4回、1死一塁から8番・横尾が中越えへ適時二塁打を放ち、追いついた。

 3―3で迎えた5回、1死三塁から4番・中田が右翼へ犠飛を放ち、勝ち越しに成功。6回には先頭の6番・渡辺が左翼席へ貴重な追加点となる今季7号ソロを放った。5―3と終盤の8回にも、前日6日の同戦で決勝打を放った清水が2死二塁から中前適時打を放ち、楽天を突き離した。

 先発の加藤が2回を投げ1失点。続くロドリゲスは3回を2失点で、その後は西村、公文、宮西、石川、秋吉と計7投手でつなぐ小刻みな継投でリードを守った。守備でも7回に銀次が放った打球を左翼の王が好捕する場面があり、バックが盛り立てた。

 楽天は昨日6日の同カードでの敗戦で3位に転落しており、流れを変えたい試合だったが先発の菅原が5回4失点(自責点3)と試合を作れずに降板。打線も終盤にかけて沈黙し、敗戦。これで1分けを挟み9連敗と泥沼から抜け出せなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース