【東東京】「安田学園のギータ」田上 あと本塁打でサイクルの3安打猛打賞

[ 2019年7月7日 18:05 ]

第101回全国高校野球選手権東東京大会2回戦   安田学園12―0日本工大駒場(5回コールド) ( 2019年7月7日    神宮 )

<高校野球・東東京大会・安田学園―日本工大駒場>猛打賞をマークした安田学園の田上
Photo By スポニチ

 安田学園が5回コールドの圧勝で初戦を突破した。

 4番の田上諒外野手(3年)がソフトバンク・柳田ばりのフルスイングで3安打2打点の猛打賞。あと本塁打でサイクルの猛打で打線をけん引した。

 2回先頭で中前打を放ち、一挙12点の口火。同イニング2度目の打席で右越え適時三塁打で2点。さらに3回先頭でも右越え二塁打と止まらなかった。

 1メートル78、78キロの左打者で高校通算は13本塁打。中学のころからフルスイングを心がけ、目標はもちろん柳田。「スイングするたびに似ていると言われる」と自他共に認める「ギータ」だ。

 「体重がなきゃ飛ばない」と食事も気をつけ、母からのアドバイスで朝ご飯をしっかりとるように意識しているという。「お母さんの料理で好きなのはハンバーグ」だそうだ。

 雨中の一戦を制し、「明日は試験なのできょう帰ったら勉強です」と頭をかいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース