西武 1イニング3失策で逆転許す 最初は強風にあおられ…

[ 2019年7月7日 16:15 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2019年7月7日    ZOZOマリン )

<ロ・西>5回無死 風に流された角中の打球を落球する外崎 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武が1イニング3失策で逆転を許した。

 1点を先制した直後の5回、先頭・角中の飛球は強い風にあおられ、二塁の外崎が捕球できず。失策が付いた。

 さらに1死二、三塁とされ、藤岡は投ゴロ。捕球した松本航は一度、飛び出した三塁走者の方を見たが、挟殺プレーは難しいと判断したのか、振り向きざまに一塁へ送球。しかしこのボールが暴投となり、2者の生還を許した。

 3失策目は2死一、二塁から。鈴木の左中間二塁打で、中堅の秋山が中継プレーで悪送球。一塁走者の荻野は一度、三塁でストップしたが、失策の間にホームインした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月7日のニュース