楽天・涌井 粘ってリーグトップ4勝 5回で105球も1失点でしのぐ

[ 2021年5月1日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天8―1ロッテ ( 2021年4月30日    楽天生命 )

<楽・ロ>楽天先発の涌井(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天の涌井が5回で105球を要したが1失点でしのぎ、西武・高橋と並びリーグトップの4勝目を挙げた。通算148勝目で、節目にあと2。2回には珍しく制球を乱して3連続四球で押し出しとしたが、粘って試合は壊さなかった。

 「負ける時のような投球をしてしまい反省」と表情は緩めず。ただ開幕以降、自身が投げている金曜日は4勝2分けとチームは無敗。「そこは続けたいし、そうすれば数字は自然と付いてくる」とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月1日のニュース