ソフトBが今季最多13得点&3度目零封で圧勝 マルティネス「甲斐は頼もしい」

[ 2021年5月1日 17:32 ]

パ・リーグ   ソフトバンク13―0オリックス ( 2021年5月1日    京セラD )

<オ・ソ(8)>甲斐(右)と話すマルティネス(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 大勝で前日の逆転サヨナラ負けの悪夢を払しょくした。

 日本ハムから移籍後初登板のマルティネスが6回5安打無失点で1勝目を挙げた。米国出身の30歳右腕は「甲斐がいいリードをしてくれた。頼もしい」と女房役に感謝した。

 プレーボールからの5打者連続安打と相手失策が絡んで初回に4得点。松田の3号3ラン、柳田の6号ソロ、周東の2号ソロなど中押し、ダメ押し。先発全員の17安打を放ち、今季最多の13得点で圧倒した。

 19安打9得点した4月24日のロッテ戦は打撃戦の末、11失点して敗れた。この日は序盤の大量リードにもマルティネスは力を緩めることなく、ナックルカーブを駆使した投球で相手打線に付け入る隙を与えず、今季3度目の零封勝利に貢献した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース