乱打戦は中日の勝ち 今季最多の9得点で「天敵」今村に5年ぶりの黒星をつけた!

[ 2021年5月1日 17:54 ]

セ・リーグ   中日9ー6巨人 ( 2021年5月1日    東京D )

<巨・中8>9回2死二、三塁、この日3安打目となる2点適時三塁打を放ち、スライディングなしで三塁に到達する中日・大島(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日は今季最多9点を奪って乱打戦を制し、天敵・今村に5年ぶりに土を付けた。

 打線は4回に木下拓、小笠原の適時打で2点を先制すると、5回にはビシエドが2戦連発となる2ラン。6回には新外国人のガーバーに来日初適時打が飛び出すなど3点を奪い、7―0と大量リードを奪った。

 ところが投手陣が先発・小笠原が6回につかまり3失点で降板すると、後を継いだ藤嶋も持ちこたえられず失点。7―4の7回には3番手・谷元がウィーラーに2ランを浴び、ついに1点差にまで迫られた。

 それでも8回を又吉が三者凡退に封じると、9回2死二、三塁から大島が左越えの2点三塁打。再びリードを3点に広げ、9回は守護神のR・マルティネスが締めた。

 16年5月7日を最後に中日戦の黒星がなく、6連勝されていた今村に1820日ぶりに土を付け、前日の菅野に続き2試合続けて天敵退治に成功した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月1日のニュース