DeNA・オースティンがスコアボード直撃弾 桑原の文字を直撃

[ 2021年5月1日 16:06 ]

セ・リーグ   DeNAーヤクルト ( 2021年5月1日    横浜 )

<D・ヤ(8)>初回2死、オースティンは先制ソロ本塁打を放ちガッツポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAのタイラー・オースティン外野手が驚がくの一発を放った。

 ヤクルト戦の初回2死の初打席。高梨がスリーボールから投じた4球目の147キロの直球を振り抜くと、打球はスコアボードの「桑原」を直撃する超特大の先制146メートル弾。

 同球場では15年6月3日にソフトバンク・柳田悠岐外野手がスコアボードを破壊する140メートル弾をマークしたが、オースティンの直撃弾はその地点よりさらに1・5メートルほど上。歴史に残る一発となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース