中大の8番・北村V弾「手応えはあった」開幕戦以来の一発

[ 2021年5月1日 05:30 ]

東都大学野球 第5週第2日   中大3-1駒大 ( 2021年4月30日    神宮 )

<中大・駒大>2回1死、先制のソロ本塁打を放つ中大・北村(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 2回戦3試合が行われた。首位の中大は北村恵吾内野手(3年)の左越えソロなど2本塁打が飛び出し、駒大を3―1で下した。国学院大は東洋大に7点差を追いつかれながら、主将の福永奨捕手(4年)の決勝打で競り勝ち、4連勝を飾った。

 中大の8番・北村が開幕戦以来の一発を放った。0―0の2回1死から左越え2号ソロ。これが決勝点になり「開幕で一本出て、欲が出て開きが早くなっていた。どんな形でも塁に出ようと思っていた。手応えはあった」と喜んだ。チームは開幕から10試合で9本塁打をマークするなど打線が好調。清水達也監督は「あの先制点が大きかった」と称えた。

 ▼駒大・大倉孝一監督(4安打1得点の打線に)打者は球に食らいついてセンターに返す。基本を徹底していくしかない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月1日のニュース