国学院大4連勝!福永が勝ち越し打「ここで打ったらヒーローだなと思って集中した」

[ 2021年5月1日 05:30 ]

東都大学野球 第5週第2日   国学院大8-7東洋大 ( 2021年4月30日    神宮 )

<国学院大・東洋大>8回2死三塁、勝ち越しの適時打を放つ国学院大・福永(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 国学院大は一時、7点差を追いつかれながら最後に振り切った。7―7の8回2死三塁から福永が左前に勝ち越し打。「ここで打ったらヒーローだなと思って集中した」と笑顔を見せた。初回には左腕・細野から左中間に2点二塁打を放ち3打点。控え投手が細野のフォームをまねして投げてくれたことを明かし「一人で打ったヒットではないので感謝したい」と話した。4連勝に鳥山泰孝監督は「野球の奥深さを痛感させられる試合だった」と胸をなで下ろした。

 ▼東洋大・杉本泰彦監督(7点差を追いつくも連敗)負けは負けだが、次につながる。粘ってくれた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月1日のニュース