広島・田中広 復調アピール 途中出場で今季2度目のマルチ

[ 2021年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-4阪神 ( 2021年4月30日    甲子園 )

広島・田中広
Photo By スポニチ

 広島・田中広が途中出場から2打数2安打を記録した。

 代打で出た6回先頭は追い込まれながら秋山のフォークを右翼線二塁打。14日の阪神戦以来、21打席ぶりの安打が生まれた。小園に代わって遊撃に就き、8回1死では再び秋山から左前打。2日のDeNA戦以来、今季2度目のマルチ安打になった。

 21日のヤクルト戦を最後に8試合続けて先発落ち。河田ヘッドコーチは「練習からいい当たりが出ていた。今日はスゴく良かった。Hがつくのが一番の薬」と復調に期待を膨らませた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース