広島が先発ローテ再編 高橋昂が3日からの巨人3連戦で再先発有力 玉村のG戦デビューはお預けか

[ 2021年5月1日 18:15 ]

セ・リーグ   阪神ー広島(ノーゲーム) ( 2021年5月1日    甲子園 )

3日からの巨人戦で先発することが有力になった広島・高橋昂
Photo By スポニチ

 広島は、1日の阪神戦(甲子園)が降雨ノーゲームとなったことで先発ローテーションを再編する。

 先発して2回24球で終わった高橋昂也投手(22)について、佐々岡監督は「いい出来だったし、調子も良かったと思う。20球程度しか投げていない。いま考えているところだけど(巨人3連戦での先発は)あり得るよね」と言及した。

 3日からは本拠地マツダスタジアムに戻っての巨人3連戦。5日の第3戦に先発見込みだった玉村昇悟投手(20)については「基本はそういう所(中5日での先発)だったけど、この雨で考えるところはある」と説明した。

 高卒2年目左腕の玉村は、前回4月29日のDeNA戦でプロ初登板初先発。高橋昂が巨人戦に回れば、玉村の巨人戦デビューは持ち越しとなる可能性がある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月1日のニュース