中日・ビシエドが「仕上げ」の2ラン 今季初の2戦連発 5年間黒星をつけていない今村を豪快KO

[ 2021年5月1日 16:03 ]

セ・リーグ   巨人ー中日 ( 2021年5月1日    東京D )

<巨・中8>5回1死一塁、2点本塁打を放ち、チームメートに祝福される中日・ビシエド。左は先発の小笠原(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日・ビシエドが今季初の2試合連続アーチを放った。

 2―0の5回1死一塁から今村のフォークを拾い上げ、左翼席最前列へ運び、「バットの先だったが、ボールを前で上手く捉えられたので、上手く打てたね」と満足そうに振り返った。

 ビシエドは前日4月30日も菅野から先制ソロを放っており、2試合連発は今季初。この一発でリードを4点に広げ、16年5月以降、土をつけることができていない苦手左腕をこの回にノックアウトしてみせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース