マー君先発予定の楽天本拠地でも大きな揺れ 広告看板が揺れ、窓ガラスも激しくきしむ

[ 2021年5月1日 11:26 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2021年5月1日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>練習中の激しい揺れに険しい表情で上を見上げる則本(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 宮城県沖で午前10時27分にマグニチュード6・6の地震が発生し、楽天生命パークのある仙台市宮城野区では震度5弱を観測。楽天が試合前練習を行っており、大きな揺れが続いた。選手たちは約1分、練習を中断した。午後2時開始予定の試合では楽天が田中将大投手、ロッテが二木康太投手の先発が予告されている。

 球場の広告看板は音を鳴らしながら揺れ、場内の窓ガラスも激しくきしんだ。その後、チームは練習を再開させたが、報道陣や球団職員、球場職員ら約500人は球場外に集まり、安否確認を行った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース