大谷翔平、マリナーズ戦は「2番・DH」 先輩・雄星とグータッチ

[ 2021年5月1日 09:54 ]

エンゼルス大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は30日(日本時間1日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場する。対する投手は右腕フレクセン。公式戦での対戦はないが、3月17日のオープン戦で対戦し、四球と左前打の結果を残している。

 本拠地で行われる3日(同4日)のレイズ戦の先発が発表された大谷はキャッチボールなどで調整。右手中指のマメを気にする様子もなく、時折り笑顔ものぞかせた。また、花巻東高で3歳上の先輩だったマリナーズ・菊池雄星投手(29)の姿を見つけると駆け寄って挨拶。頭を下げ、グータッチを交わし、旧交を温めあった。

 オンライン会見に応じたジョー・マドン監督は「(マメは)十分に注意を払わなければいけないことは理解しているが、心配するようなことはない。もちろん注視していくことを続ける。現状では何も問題はない。月曜日(3日・同4日)で大丈夫だと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月1日のニュース