阪神・佐藤輝 無観客でも“会振”タイムリー ジャンプ一番!好守も魅せた

[ 2021年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-2広島 ( 2021年4月30日    甲子園 )

<神・広(6)>5回無死一、二塁、佐藤輝は右前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 かわいらしい、ひらがなとは対照的に、阪神・佐藤輝が大人びた仕事をやってのけた。今季初の無観客開催となった甲子園。例年通り子どもの日向けの企画として、スコアボードは「さとうて」と表記された。まずは2点優勢の5回無死一、二塁。広島バッテリーの配球を読み解き、快音を響かせた。

 「追加点が欲しい場面だったので、間を抜けてタイムリーになってくれてよかった」

 九里に対してカウント1―1から直球、チェンジアップと2球続けて内角のボール球を見逃した。打者有利に持ち込んだ5球目。外角のツーシームに食らいつき、一、二塁間を破った。「低めのボール球、変化球を見送れたんで」。納得の一打で3点目を刻んだ。

 3回1死でも中堅左への二塁打を放ち、5試合ぶりのマルチ安打となった。右翼守備では、7回2死で安部の大飛球をフェンス際でジャンプして好捕。「あそこで捕るのと捕らないのとでは、多分試合の流れも変わってきたと思うのでよかったです」とうなずいた。

 公式戦では初の無観客試合だった。「やっぱりスタンドにファンの人たちがいないとさみしい。シーンとしているんで」。だからこそ「テレビ越しでも、なにか元気をもらってくれるというか…。そういうプレーをしたい」と、プロとしての自覚をにじませた。

 69年田淵幸一の球団新人最多の月間7本塁打にはあと1本届かずとも、03年村田修一(横浜)の4月までのドラフト新人最多本塁打記録(7本)に並ぶなど存在感を発揮して4月を終えた。

 矢野監督からは「自分なりにできるっていう部分と、もっとこうしないとという部分がアイツの中であると思う」とさらなる期待をかけられた。苦闘の日々が血となり肉となる。「開幕したときはピッチャーの攻めに苦しんだときもありましたけど、だんだん慣れてきたところはある。けど、まだまだなんで、もっと打てるよう頑張ります」と力を込めた。(阪井 日向)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース