NPBが無観客試合の補償を政府に申請へ 井原事務局長「取りまとめて提出することになる」

[ 2021年5月1日 05:30 ]

無観客で行われた巨人・中日戦 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は30日、政府が発令した緊急事態宣言に伴う無観客試合の補償を申請する考えを明かした。

 「まだスポーツ庁から説明を受けていないが、対象となるものはいろいろあると思うので、NPBが取りまとめて提出することになると思う」と話した。払戻手数料や一部人件費などが対象となる見込み。

 萩生田光一文部科学相はスポーツイベントのキャンセル料支援の上限を1000万円から2500万円に引き上げる方針を示した。井原事務局長は「我々は適切な補償を求めている。引き上げは大変ありがたいが、適切かどうかは正式な説明を伺ってから判断したい」と述べた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース