阪神・ロハスは全開5秒前 2軍戦に来日初のフル出場 「来日1号」含む3安打2打点

[ 2021年5月1日 15:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神6-0広島 ( 2021年5月1日    由宇 )

<ウエスタン 広・神>3回に公式戦1号となる2ランを放つなど、3安打2打点の阪神・ロハス(撮影・中澤 智晴)
Photo By スポニチ

 阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手(30)が1日、ウエスタン・リーグ、広島戦で来日初のフル出場し、4打数3安打2打点と躍動した。

 初回1死一塁から、左中間への二塁打で先制の好機を拡大すると、2点優勢の3回1死一塁から、公式戦1号となる中堅越えの2ラン。4月24日のHonda鈴鹿との練習試合では来日初アーチを右打席で放っており、左打席では初のアーチとなった。

 5回は左飛に終わったが、8回先頭では三遊間を破る左前打で来日初の3安打をマーク。ランエンドヒットとなった次打者・井上の適時二塁打で、一塁からヘルメットを飛ばす激走を見せ、6点目のホームを踏んだ。
  

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月1日のニュース