無情のノーゲームで「笑う」のはだれだ 阪神-広島戦は無観客試合なのがヒント

[ 2021年5月1日 16:03 ]

セ・リーグ   阪神ー広島(ノーゲーム) ( 2021年5月1日    甲子園 )

<神・広(7)> グラウンドコンディション不良のためノーゲームとなった甲子園球場 (撮影・平嶋 理子)                                            
Photo By スポニチ

 甲子園球場は2回表途中から雨が降り出し、3回表終了時に中断。雷も鳴り、横なぐりの激しい雨となって、阪神ー広島戦は14時54分にノーゲームと決まった。

 緊急事態宣言に伴う無観客試合だっただけに、これが後日に有観客で行われる可能性が高くなったことは営業的には大きなプラス。関西大・宮本勝浩名誉教授の試算では無観客4試合を予定していた阪神の推定損失は2億6000万円となっており、これが1試合減る形だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース