日本ハム 「特例2021」でドラ6・今川を抹消 万波を再登録

[ 2021年5月1日 12:58 ]

日本ハム・今川(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは1日、「特例2021」の対象選手としてドラフト6位・今川優馬外野手の出場選手登録を抹消した。

 代替指名選手として万波中正外野手を登録。万波は4月26日に出場選手登録を抹消されていたが、「特例2021」が適用されて再登録された。

 ▽感染拡大防止特例2021(通称・特例2021)新型コロナウイルス感染のほか、本人および家族の体調不良や濃厚接触者となるなど「コロナの疑い」で出場選手登録を抹消する際に適用。感染の疑いがなくなり医師の所見もしくは診断を添えれば、10日間を経なくても再登録できる。抹消時に代わりに登録される選手は「代替指名選手」となり、その後10日以内に登録を外れた場合、どの選手とも日数の制約なしで再登録可能。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース