亜大4年生・木本 初安打が本塁打「感触は完璧。ボールに負けないスイング心掛けた」

[ 2021年5月1日 05:30 ]

東都大学野球 第5週第2日   亜大2-0青学大 ( 2021年4月30日    神宮 )

<亜大・青学大>7回1死、ソロ本塁打を放ち笑顔でダイヤモンドを回る亜大・木本(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 亜大の「5番・一塁」でスタメン出場した4年生の木本が、リーグ戦初安打をソロ本塁打でマークした。1―0の7回1死から低めの直球を左翼席に運び「感触は完璧。ボールに負けないスイングを心掛けた」と振り返った。秀岳館(熊本)では4度、甲子園に出場。亜大でも1年時から出場機会を得たが、結果を残せずに苦しんだ。「必死に毎日、練習してきた」と喜びをかみしめた。

 ▼青学・大泉口(開幕から10試合、40打席目で初安打)自分はキャプテンなので打てなくても下を向くことはできない。(優勝は消滅も)あと2試合、勝ちきりたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月1日のニュース