DeNA、今季初の3連勝ならず…打球が左肩直撃、先発・坂本13球負傷交代のアクシデント

[ 2021年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0ー4ヤクルト ( 2021年4月30日    横浜 )

<D・ヤ>2回無死、村上の打球が当たり降板する坂本(左)(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA打線が沈黙して今季5度目の零敗を喫し、今季初の3連勝はならず。2回に先発の坂本が先頭の村上のライナー性の鋭い打球を左肩に受けて13球で負傷交代するなど、アクシデントもあって主導権を握ることができなかった。

 これで今季は本拠地で1勝12敗3分けとなったが、この日は敗戦後も選手、スタッフがグラウンドに一列に並んでファンにあいさつ。自ら発案した三浦監督は「ファンのために今日から負けてもあいさつすることにした」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース