関東学園大付が3年ぶりに関東大会進出 県太田は粘りを見せるも一歩及ばず

[ 2021年5月1日 15:52 ]

春季高校野球群馬県大会準決勝   関東学園大付6―5県太田 ( 2021年5月1日    高崎城南 )

勝利に喜ぶ関東学園大付・篠原(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 関東学園大付が県太田を6―5で下し、3年ぶり5度目の関東大会出場を果たした。

 接戦に勝利した羽鳥達郎監督は「運がない試合だったが、泥臭く執念深い試合が最後までできた。秋は1回戦負けからスタートしたチーム。(選手に)おめでとうと言いたい。まだ、明日(決勝)があるのでしっかり準備したい」と話した。

 先発したエース右腕の石原勇斗(3年)は最速144キロを計測した直球を軸に3回まで無失点に封じたが、2―0で迎えた4回に県太田の3番・沢田大和(3年)に右越えソロを被弾し、1点差に迫られた。

 打線が6回に2点を追加してエースを援護するも、直後の6回に失策で2失点。7回も守備のミスでピンチを招くと、犠飛で4―4の同点となった。

 試合を決めたのは8番・藤生海斗(3年)。8回1死二塁から右中間へ決勝の三塁打。続く石原も左中間への適時二塁打で続いた。
 8回から救援した右腕・篠原正紀(3年)は最速143キロの直球で押し、2回1失点で逃げ切った。

 県太田は終盤まで粘りを見せたが、一歩及ばず。関東学園大付はあす2日、群馬の頂点を懸けて東農大二と決勝戦を行う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月1日のニュース