ロッテ ミス重なり敗戦 新外国人エチェバリア、来日初出場で適時失策

[ 2021年5月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―8楽天 ( 2021年4月30日    楽天生命 )

<楽・ロ>2回、エチェバリアが辰己の打球をファンブル、同点になる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 2回の攻防が明暗を分け、ロッテが敗戦した。表の攻撃では押し出しを含む3連続四球で1点を先制し、なおも1死満塁だったが佐藤都、荻野が凡退した。裏の守備では2死二塁でこの日に1軍昇格して「7番・遊撃」で来日初出場だった新外国人エチェバリアが辰己の遊ゴロをはじく適時失策。続く太田の一飛も井上が落球して逆転まで許した。

 井口監督は「チャンスで点を取れなかった後に、2つの適時失策が出たので、こういう流れになった」と敗因を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月1日のニュース