日本ハム・宮西、若燕19歳村上に洗礼「抑えた方が気持ちいいと思って」スライダーでK斬り

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全パ6―3全セ ( 2019年7月12日    東京D )

力投する3番手の宮西(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 34歳のベテラン左腕・日本ハムの宮西が、19歳のヤクルト村上にプロの厳しさを見せつけた。

 5回村上を迎え直球3球を続けてカウント1―2とすると最後は外角スライダーで空振り三振。「真っすぐで押した方がよかったけど、抑えた方が気持ちいいと思ってスライダーを投げた」とニヤリ。今季最速の145キロも計測した技巧派左腕は「球宴用のスピードガンでしょ」と笑っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース