【埼玉】春日部共栄、本多監督不在も一丸 3発コールド発進 

[ 2019年7月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 埼玉大会2回戦   春日部共栄9―1所沢(7回コールド) ( 2019年7月12日    市営大宮 )

<春日部共栄・所沢>6回無失点に抑えた春日部共栄のエース・村田(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 春日部共栄(埼玉)は春夏連続甲子園へ3発で所沢に、9―1とコールド発進した。6回無失点のエース・村田も「今日は70%。全体的にはまだだが順調に来ている」と話した。

 本来は今夏から復帰した本多利治監督が指揮するはずだったが、8日夜に実母が死去したため、植竹幸一部長が代行監督でベンチ入りした。村田は「スピード感が何から何まで違った。普段の動きも引き締まっている」と部内暴力による謹慎が解け、半年ぶりに復帰した本多監督の存在感の大きさを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース