【北北海道】旭川大高、釧路湖陵に快勝 エース能登が4安打完封

[ 2019年7月13日 13:30 ]

第101回全国高校野球選手権北北海道大会   旭川大高4―0釧路湖陵 ( 2019年7月13日    旭川スタルヒン )

<旭川大高・釧路湖陵>マウンド上で雄叫びをあげる旭川大高・能登
Photo By スポニチ

 北北海道大会が開幕し、開幕戦で北北海道代表で昨夏甲子園に出場した旭川大高が、今年のセンバツ21世紀枠候補校・釧路湖陵に快勝。夏2連覇に向けて好発進した。

 エース能登嵩都(3年)が109球で4安打完封。主将で、昨夏甲子園メンバーの持丸泰輝捕手(3年)が8回に右越えソロを放ち貴重な追加点をたたき出した。

 持丸主将は「(3回以降追加点がなく)監督にここで1点欲しいと言われていたのでよかった。能登は最高のピッチングだった」と表情を和らげた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース