【千葉】銚子、部員9人で善戦も逆転負け 加瀬功主将「悔しさ忘れない」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会2回戦   銚子4―6千葉工 ( 2019年7月12日    ZOZOマリン )

<千葉工・銚子>善戦及ばず敗れた部員9人の銚子ナイン
Photo By スポニチ

 銚子(千葉)は部員9人で善戦したが、千葉工に逆転負けした。初回に5連続安打で4点を先制したが、地力で勝る相手に最後は押し切られた。

 昨秋は2年生6人しかおらず、バドミントン部員を助っ人に秋季大会に出場。「夏は野球部で出たい」と、2年生エースの加瀬功主将らの勧誘活動が実り、今春1年生が3人入部した。試合中に捕手の川和田の右太腿がつるアクシデントも大野友也監督がベンチでマッサージして乗り切った。加瀬功は「この悔しさは忘れない」と成長を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース