JR東海が初戦突破!先発・戸田が快投13K!8回2死まで無安打投球

[ 2019年7月13日 20:55 ]

第90回都市対抗野球大会   JR東海2―1日本通運 ( 2019年7月13日    東京D )

<日本通運・JR東海>力投するJR東海先発・戸田(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 第90回都市対抗野球大会は13日、東京ドームで開幕。1回戦第2試合でJR東海(名古屋市)が日本通運(さいたま市)を2―1で下し、初戦を突破した。

 打線は初回に4番・池田のタイムリーで先制。4回には1番・長曽我部の適時打で加点した。

 先発の戸田は8回2死まで無安打投球を続ける快投。諸見里にソロを浴び、次打者に四球を与えたところで降板したが、7回2/3を131球1安打13奪三振と圧巻の投球を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース