西武・山川 ホームランダービーまた初戦敗退、延長で苦杯「体力がない」

[ 2019年7月13日 23:18 ]

マイナビオールスターゲーム2019第2戦   全セ11―3全パ ( 2019年7月13日    甲子園 )

<全セ・全パ> ホームランダービーを制した鈴木(1)を祝福する(左から)筒香、山川、森、吉田正(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 今季両リーグトップの29本塁打を放っている西武・山川穂高内野手(27)がホームランダービーに出場。昨年に続き、初戦敗退となった。

 DeNA戦・筒香との2分間の対決ではともに6本となり、1分間の延長戦へ。先攻の筒香が5本を放ち、山川は2本に終わり、悔しそうな表情をみせた。

 ホームランダービーでの優勝を狙っていた山川は試合後、「体力がないです。延長戦は結構辛い。僕は向いてない」と振り返り、優勝した広島・鈴木について「鈴木誠也はすごい。勝てないですね」と苦笑いした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース