虎祭りだ!原口「まさか」の“2打席連続弾”!梅野&近本との三者そろい踏み弾で大暴れ

[ 2019年7月13日 19:13 ]

マイナビオールスターゲーム2019第2戦   全セ―全パ ( 2019年7月13日    甲子園 )

<全セ・全パ>2回、無死、左越えに本塁打を放ち、梅野(左)とタッチする原口(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 驚異の一発だ。全セの「7番・DH」で球宴初先発を飾った阪神・原口が2回先頭の第1打席、全パ2番手の西武・高橋光から左翼ポール際にアーチをかけた。

 前夜の第1戦は9回2死から代打で左中間への1号2ラン。大腸がんを克服した不屈の男が“2打席連続弾”でまたも奇跡を起こした。

 「まさか打てると思っていなかった。打球が飛んだ瞬間に入ったと思いました。(ファンの大歓声には)感謝の気持ちしかない。つくづく、運がいいなと思います」

 テレビ解説者も思わず「すごい…」と絶句する文句なしの一発。地元のファンや家族の前で笑顔でダイヤモンドを一周した。

 さらに「8番・捕手」で先発した同僚で同学年の梅野も左越え1号ソロ。初回新人では史上初となる先頭打者本塁打の近本を含めた三者そろい踏み弾で、阪神勢が本拠地・甲子園で大暴れとなった。

 先発で2回を無失点だった巨人・菅野も「阪神の選手達の勢いがすごい!!」と脱帽していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース