ヤクルト・山田哲、令和球宴初安打 いきなり先頭打者三塁打

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全セ3-6全パ ( 2019年7月12日    東京D )

初回無死、三塁打を放つ山田哲(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲が令和に改元後、初の球宴で最初の安打を放った。

 「1番・二塁」で先発すると初回に千賀の内角高めへの156キロ直球をフルスイング。中堅の頭を越えてフェンスに直撃した。快足を飛ばして三塁に到達。「走攻守で良いプレーをしたいと思っていたので、できて良かった」と笑顔で振り返っていた。

 《先頭打者三塁打、24年ぶり3本目》山田哲(ヤ)が初回裏先頭で三塁打。球宴の初回先頭打者三塁打は、92年第2戦の古田敦也(ヤ)、95年第1戦の野村謙二郎(広)に次ぎ24年ぶり3本目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース