京都フローラ接戦制す 村松V打「振り切れてよかった」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

日本女子プロ野球   京都フローラ2―1愛知ディオーネ ( 2019年7月12日    パロマ瑞穂 )

<愛知ディオーネ・京都フローラ>勝利打点をあげた村松
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ夏季リーグは、京都フローラが接戦を制し、愛知ディオーネを2―1で下した。1―1で迎えた6回無死一、三塁で3番・村松が左前に決勝打を放った。「当たりはよくなかったですけど、振り切れたのでよかったです」。捕手としても先発・小西を好リード。6回5安打1失点で今年8勝目を挙げた投球に「テンポよく投げてくれたのでリードしやすかったです」と勝利を喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース